シリコンシャンプーの成分は、注意が必要って本当?

ノンシリコンの商品が出始めた辺りから、シリコンシャンプーが有害だと言われるようになりました。配合されているシリコンが頭皮や髪に蓄積されていき、頭皮がかゆくなる、パーマやカラーリングが効きにくい、などデメリットがあるという理由からです。本当にシリコンは注意が必要な成分なのでしょうか。

 

一般的なシャンプーに入っているシリコンには、主にジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコン、シロキサン、シリカなどがあります。シャンプーのパッケージ裏の成分表示にこれらが記載されていたら、それはシリコンシャンプーです。また、シャンプーはノンシリコンとうたっていても、同じシリーズのトリートメントやコンディショナーにはシリコンが配合されているケースも多々あります。どうしてもシリコンを避けたい方は、シャンプーだけでなく、関連商品の成分表示もチェックするべきでしょう。

 

しかし、必ずしもシリコンが有害だとは断言できません。シリコンにはコーティング剤としての役割があり、熱や摩擦から髪を保護してくれます。有害だという説は、コーティングするからこそ、シリコンが蓄積されて毛穴が詰まる、パーマ液やカラーリング剤が浸透しにくい、という理由から生まれています。

 

実際のところ、シリコンもすすぎさえしっかりしていれば、髪や頭皮に蓄積されることはありません。また、ネット上の構造をしているため、パーマ液やカラーリング剤の浸透を妨げることもありません。

 

シリコンよりも注意すべきは、シャンプーの洗浄成分です。シャンプーの原価を抑えるため、安くて洗浄力が高い成分を使用しているケースもまれではありません。特に注意が必要なのが、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naです。これらの洗浄成分は、頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまい、頭皮を乾燥させてしまいます。頭皮が乾燥することで、さまざまな髪のトラブルへとつながります。

 

髪や頭皮の健康を考えると、シリコン配合の有無以上に、洗浄成分に気をつけるべきです。アミノ酸系の洗浄成分であれば、肌にも優しく、汚れを落としてくれます。

シリコンシャンプーは本当に悪い?実際のところはどうなの?

ノンシリコンシャンプーが世間に登場するようになってから、シリコンシャンプーは有害だと叫ばれるようになりました。シリコンは人工の化合物。そんなものが頭皮や髪に付着しているのは、不安になりますよね。一方で、シリコンシャンプーを使っても大丈夫だという声も聞こえてきます。シリコンシャンプーは本当に悪い?その疑問に迫ってみましょう。

 

シリコンの入ったシャンプーで洗髪すると、髪や頭皮にシリコン成分が付着します。主にシャンプーで使用されているシリコン成分は、ジメチコン、シロキサン、シクロメチコン、シロキなどです。これらシリコン成分は髪や頭皮に付着することで、熱や摩擦をブロックします。実はシリコンでコーティングされることで、髪はダメージを負いにくくなっていたのです。また、すでにダメージを受け、キューティクルがはがれかけている髪も、シリコン成分がコーティングすることで、補修をしてくれます。シリコンは、完全な悪ではないのです。

 

では、髪や頭皮にシリコンが付着すると、毛穴詰まりや炎症、かぶれなどのトラブルにはならないのでしょうか。もちろん、シャンプーを十分にすすがず、頭皮に洗い残しがあった場合は、炎症などのトラブルにつながります。ただ、しっかりとすすぎを行っていれば、トラブルを起こすほど大量にシリコンが付着することはありません。

 

また、髪をシリコンで覆うことで、空気や栄養が行き渡らない、カラーリング剤やパーマ液が浸透しない、という説もありますが、こちらも心配は無用です。最近のシリコンは、ネット上の構造となっています。そのため、ヘアケア商品の美容成分はもちろん、カラーリング剤やパーマ液の浸透が悪くなることはありません。

 

ダメージヘアを何とかしたい、ヘアアイロンやホットカーラーを毎日のように使う。そんな人にとっては、髪をコーティングしてくれるシリコンシャンプーは最適です。洗い残しのないよう、しっかりとすすぎを行うことを心がけて、ダメージに強い髪を目指しましょう。