シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いって何?

シャンプーの種類も多様化してきました。効果・効能による違いや、オーガニックを売りにしたシャンプーなど、数え切れないほどのシャンプーが市場をにぎわせています。これらを大きく二つに分けるとしたら、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーになるでしょう。この二つは、どのような違いがあるのでしょうか。

 

一番大きな違いは、シリコンが配合されているかどうかです。シャンプーに配合されているシリコンは、主にジメチコン、シクロメチコン、アモジメチコン、シリカなどがあります。これらシリコン成分がシャンプーに配合されているのは、髪をコーティングするためです。

 

シリコンシャンプーは、シリコンで髪をコーティングする働きがあり、そのために熱や摩擦によるダメージから髪を守ってくれます。なめらかな指どおりや、しっとりとした洗い上がりになるのも特徴です。ただ、髪にシリコンの重さがプラスされ、ペタンとなりやすいというデメリットもあります。また、十分に髪をすすげばシリコンも問題ないのですが、洗い残しがある場合、頭皮や髪に問題を起こす可能性もあります。

 

ノンシリコンシャンプーにはシリコンが配合されていません。人工化合物が付着することがないため、髪や頭皮への負担が少ないというメリットがあります。育毛を目指している人などには、オススメのシャンプーです。ただ、コーティングする機能がないため、ドライヤーの熱や摩擦に対して髪や頭皮が無防備になるというデメリットもあります。シリコンに代わるコーティング剤を使用している商品もありますが、ダメージ補修機能がないなど、シリコンほどの性能があるものは少ないです。

 

キシキシせずなめらかな洗い心地が好き、髪にまとまり感を出したい、ダメージが気になる、といった方には、コーティング機能のあるシリコン配合がオススメです。逆に、髪や頭皮にストレスのかからないシャンプーが欲しい、ボリューム感のある髪が希望、育毛したいといった方はノンシリコンが最適です。