シリコンシャンプーでふけが発生するって本当?

シリコンシャンプーを使用すると、ふけが発生するのでは?という疑問の声が、たびたび聞こえてきます。人工的な化合物であるシリコンを髪や頭皮に付着させることで、トラブルが発生したりはしないのでしょうか。

 

実際のところ、シリコンによって頭皮にトラブルが発生することも、ひとによってはあり得ることです。ふけが発生するのは頭皮のトラブルが原因ですので、シリコンと頭皮の相性が悪い人は、ノンシリコンシャンプーに切り替えることも有効です。しかし、ふけの原因となるのはシリコンだけではありません。ふけは頭皮の乾燥によって、引き起こされます。では、頭皮が乾燥するのは、なぜでしょうか。

 

正常な頭皮では、皮脂が保護膜を張り、紫外線などの外部刺激から守ってくれるほか、頭皮の水分を保護してくれます。頭皮の乾燥は皮脂が不足し、保護膜が張られなくなった状態です。皮脂が不足するのはエアコンなどによる乾燥のほか、シャンプーにも原因があるケースがあります。

 

シャンプーには汚れを落とすため、洗浄剤が配合されています。あまりにも洗浄力が高い場合、皮脂までが洗い流されてしまい、頭皮の乾燥を引き起こすのです。洗浄力が強いものとして、高級アルコール系の洗浄剤があります。よくシャンプーに配合されているのは、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどです。頭皮の乾燥を改善したいなら、アミノ酸系の洗浄剤を使用したシャンプーが適しています。成分名の頭に「ココイル」がつくもの、成分名の末尾に「ベタイン」がつくもの、などがアミノ酸系洗浄成分です。なお、アミノ酸系成分を少し配合しただけでも、アミノ酸シャンプーを名乗っている商品もあります。パッケージ裏の成分表示にて、上記の成分が最初の方に表示されているものを選びましょう。

 

ふけが起こるのは、必ずしもシリコンのせいだけとは言えません。ノンシリコンシャンプーでも洗浄剤によっては、ふけを引き起こす可能性もありますので、成分は必ずチェックするようにしましょう。