シリコンシャンプーで、かゆみやかぶれが起こるって本当?

シリコンシャンプーは、かゆみやかぶれを起こしやすいのではないか、という疑問がたびたび持ち上がっています。シャンプーに配合されたシリコンが頭皮や髪に付着し、トラブルを引き起こしているという理由からです。実際のところ、シリコンシャンプーを使用していると、かゆみやかぶれが起こるのでしょうか。

 

実はシリコン自体は、髪や頭皮に蓄積されることは、ほとんどありません。シャンプーを洗い流すときに、きっちりとすすいでいれば大丈夫です。もしかゆみやかぶれが起こる場合、シャンプーやトリートメント、コンディショナーの洗い残しが原因となっている可能性があります。

 

シャンプーを頭皮や髪に残さないためには、正しい方法で洗髪するようにしましょう。まず、シャンプー液を出す前に、お湯だけで予洗いをしてください。指の腹でお湯を頭皮全体に行き渡らせつつ、汚れを落としていきます。この予洗いで、実は汚れの大部分が落ちるのです。シャンプー液の使用量は、多くならないように気をつけましょう。あらかじめシャンプー液を泡立ててから、髪につけます。こうすることで、泡の偏りが出にくくなります。指の腹で頭皮をマッサージするように洗った後は、すすぎです。洗った時間の3倍の時間をすすぎに当ててください。襟足や生えぎわは特に洗い残しが生じやすい場所です。念入りにすすぐようにしましょう。

 

また、頭皮の乾燥もかゆみやかぶれの原因となります。頭皮の乾燥の引き起こす要因はさまざま。頭皮が傷ついていたり、血行不良であったりといった理由で、頭皮は乾燥します。頭皮が乾燥すると外部刺激に弱くなり、さらに頭皮が乾燥する、という悪循環に陥ります。この悪循環を防止するためにも、保湿ができるヘアケア製品に切り替えてみましょう。

 

また、シャンプーの相性は人それぞれです。もし、使用した際にかゆみやかぶれが出た場合、同一のメーカーは避けるようにしましょう。相性の合わなかった成分が入っている可能性が高いです。