シリコンシャンプーのメリットとデメリットとは?

シリコンシャンプーは髪や頭皮にとって有害だ、と言われるようになった今でも、店頭から商品が消えることはありません。また、新製品も続々登場しています。シリコンシャンプーはデメリットだけではなく、メリットも持ち合わせているのでしょうか。

 

シャンプーのシリコンは、髪をコーティングするために配合されています。髪をシリコンでコーティングするのは、髪や頭皮にとって負担にはならないのでしょうか。シリコンシャンプーのデメリットは、きちんとすすぎができていないと、シリコン成分が頭皮や髪に残ってしまう点にあります。余分な成分が付着すると、頭皮のかゆみなどにつながります。また、コーティングすることで、髪に重みがプラスされます。もともと髪がペタンコになりやすい人、ボリュームを出したい人にとっては、困るポイントになるでしょう。

 

逆にメリットも存在しています。髪をコーティングすることで、摩擦や熱から守ってくれます。ドライヤーで乾かすときも、ダメージにつながりにくいのです。はがれたキューティクルを補修する働きもあり、ダメージヘアの人にとっては、最適なシャンプーと言えます。また、コーティングによって髪の感触がすべすべになり、ツヤも出てきます。

 

以上の点から、髪にツヤがほしい、髪が広がって困る、髪の傷みがひどい、といった人には、シリコンシャンプーは実はオススメのシャンプーなのです。シリコンが髪や頭皮に蓄積されてしまうのでは…。そんな不安もあるかもしれませんが、すすぎを十分に行っていれば、きちんと不必要な分のシリコンは洗い流されるようになっています。シリコンが入っているにしろ、いないにしろ、すすぎ残しは頭皮に炎症を起こし、トラブルの元となります。洗髪にかかった時間の3倍の時間をかけて、しっかりと洗い流すようにしましょう。

 

シリコンシャンプーのメリットとデメリットを理解したうえで、自分の髪の状態に合うシャンプーを選べば、理想の髪が手に入ります。