シリコンシャンプーは抜け毛の原因?使わないほうがいいの?

人工の化合物であるシリコンが配合されたシリコンシャンプー。シリコンが毛穴に詰まったり、頭皮にストレスがかかることで、抜け毛につながる…。そんなうわさがささやかれています。本当にシリコンシャンプーを使用すると、抜け毛が発生しやすくなるのでしょうか。

 

実は、シリコンが頭皮や髪に蓄積されていくことは、まずありません。日々のシャンプーで、きちんと洗い流されています。もし、シリコンシャンプーを使用することで抜け毛が増えた場合、原因はシャンプーのすすぎ残しであるケースが多いです。シャンプーをすすぐときは、洗うときにかかった時間の3倍の時間を目安に、しっかりと洗い流すようにしましょう。襟足や生えぎわは洗い残しが出やすく、頭皮トラブルの起こりやすい場所です。特に注意して、すすいでください。

 

また、抜け毛は頭皮のトラブルから発生している可能性もあります。頭皮は普段、皮脂が保護膜を張ることで、外部刺激から保護されています。しかし、何らかの理由で皮脂が不足すると頭皮が乾燥し、やがて抜け毛につながるのです。

 

頭皮の乾燥を引き起こす原因はさまざまですが、シャンプーに配合されている洗浄剤が関係しているケースもあります。市販のシャンプーに良く使用されている洗浄剤が、高級アルコール系です。主な成分として、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどがあります。これらの高級アルコール系の洗浄剤はコストが安く、洗浄力が高いという特徴があり、リーズナブルな価格のシャンプーに頻繁に使用されています。しかし、高級アルコール系の洗浄剤は刺激が強く、さらには洗浄力も高すぎるという傾向があります。頭皮を保護している皮脂まで洗い流すため、頭皮が乾燥し、抜け毛につながるのです。

 

頭皮の乾燥による抜け毛には、保湿ケアが必要です。オイルなどを使用し頭皮をマッサージすることで、保湿だけでなく頭皮の血行も促進され、乾燥の解消へと導きます。また、刺激の少ない洗浄剤のシャンプーに切り替えることも有効です。アミノ酸系シャンプーなら、必要な皮脂は守りながら、汚れを落としてくれます。