縮毛矯正後はシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプー、どちらを使うべき?

天然パーマをまっすぐなストレートヘアに変えてくれるのが、縮毛矯正です。憧れのストレートヘアが実現するのはうれしいことですが、髪にダメージがおよばないかは心配ですよね。日々のシャンプーでケアすることは可能でしょうか。また、縮毛矯正後に使用するシャンプーは、シリコンシャンプーかノンシリコン、どちらが適しているのでしょうか。

 

髪の主な成分は、ケラチンというタンパク質です。ケラチンは、18種類のアミノ酸が結合することで成り立っています。結合の法則はいくつもあり、シスチン結合もその一種です。縮毛矯正の原理は、還元剤を使用することでシスチン結合を切断し、熱によってまっすぐにくせづけした後に、酸化剤によって再度シスチン結合を行うというものです。薬剤や熱などの影響を受けるため、通常のパーマよりも髪へのダメージが大きくなりがちです。

 

縮毛矯正後に使用するシャンプーは、髪の状態を見極めて選びましょう。施術後の髪は非常に乾燥しやすい状態です。シャンプーやトリートメントは、ダメージ補修ができるものが適しています。シリコンシャンプーは、シリコンが髪をコーティングすることで、ダメージも補修してくれます。ただ、大量にシリコンが入っているシャンプーでは、髪や頭皮に負担がかかるケースもありますので、パッケージ裏の成分表示を確認しましょう。ジメチコン、シクロメチコンなどの成分が最初の方に記載されているようであれば、避けておくべきです。

 

また、刺激が強い洗浄成分も、髪や頭皮のトラブルを引き起こします。多くのシャンプーに配合されている洗浄剤として、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naがありますが、非常に洗浄力が強いため、縮毛矯正後にはオススメできません。アミノ酸系シャンプーであれば、頭皮の皮脂を保護しながら、優しく洗浄してくれるため、デリケートな状態の髪には最適です。

 

薬剤や熱にさらされた直後の髪は、普段以上にケアを考える必要があります。刺激の少ないシャンプーを選び、髪をいたわりましょう。